【コンサル実績紹介】 仕事canのサイト戦略、仕組み化における課題をどう解決したのか?


職業体験サイト、【仕事can】の
サイト戦略、仕組み化における課題を、どのように解決したのか、説明します。

【仕事can】の事例紹介トップに戻る

 

仕事canのサイト戦略、仕組み化における課題



集客戦略と、一貫性のあるサイト戦略で、
効率的に、見込み客リストを獲得する仕組みをつくりたい。


■生涯顧客価値を高める仕組みをつくりたい。


■見込み客にとって使いやすく、成約率の高いサイトをつくりたい。



課題をどう解決したのか?

 

【サイト制作の課題】
集客戦略と、一貫性のあるサイト戦略で、
効率的に、見込み客リストを獲得する仕組みをつくりたい。



■アクセスを、資産に変える仕組み


集客戦略で、いくら効率的にアクセスを集めても、
集客したサイトに、売れる仕組みがないのなら、
穴の開いたバケツに水を注ぐようなものです。


仕事canでは、職業体験を申込んでもらうのが、
一つのゴールです。


ただ、見込み客のなかには、

・職業体験には興味があるけど、希望の職業体験がない

・不安だから様子見したい

・詳しい資料がほしい

・実際に体験した人の体験談を聞いてから、判断したい

という理由で、すぐには申込まない方も少なくありません。


ただ、【今すぐ】には購入しないだけであって、
不安を取り除いたり、適切な情報を提供することで、
「そのうち客」を、顧客に変えることができます。



そこで、「無料メルマガ」や、「資料請求」などの
選択肢を用意しています。


どちらも、無料なので、
見込み客にとって、リスクなく、お試しができます。


見込み客にリスクがない、ということは、
事業者側にとっては、高い成約率で、
見込み客リストを残してもらえる、ということです。




見込み客リストは、ビジネスの基盤になる資産


見込み客を獲得する仕組みがないなら、
「今すぐ買いたいお客」だけに、その場で買ってもらうしか
選択肢はありません。


一方で、見込み客リストを残してもらえれば、
メルマガやDMを通じて、情報提供するなかで、
ゆっくりと信頼を得てから、購入してもらうことができます。


当然、見込み客を獲得する仕組みがあるサイトと、ないサイトでは、
最終的な利益に、大きな違いが生まれます。



一般的に、新規ユーザのうち、トップページから訪問するのは、
20%から30%程度にすぎません。

トップページだけを最適化するのではなく、
その他のページから流入しても、機能する設計にしておくべきです。


仕事canでは、見込み客がどのページから訪問しても、
「資料請求」や「メルマガ登録」といった無料オファーや
はじめての方向けのページに誘導して、
最終的に、見込み客リストを残してもらう設計になっています。



このダイレクトレスポンスマーケティングの仕組みなら、
見込み客にとっても、売り込まれることなく、
信頼関係ができた後に、購入することができるので、リスクがありません。


事業者にとっても、見込み客にとっても、
意義のある仕組みなのです。


もし、あなたのサイトに、
見込み客リストを獲得する仕組みがないなら、
ビジネスを持っていないのと同じ、と言ってもいいかもしれません。




【サイト制作の課題】
生涯顧客価値を高める仕組みをつくりたい。



■見込み客と長期的な関係を築きながら、利益を生み出すビジネスシステム


仕事canでは、最終的に売りたい商品
つまり、職業体験だけを売るのではなく、
「あげる商品」、「売れる商品」、「儲かる商品」の商品ラインナップを用意しています。


「あげる商品」とは、無料メルマガ、資料請求など
無料で提供して、まず、見込み客リストを残してもらう商品。


「売れる商品」とは、交流会やイベントなど、
利益は出ないものの、安価で購入できる商品。

実際に、購入体験をしてもらえるので、
顧客との関係を深めることができます。


「儲かる商品」は、最終的に売りたい商品、
つまり、職業体験です。



はじめての訪問で、すぐに職業体験を申込む顧客もいますが、
「様子見したい見込み客」とは、ゆっくりステップを踏むように、
長期的な関係を築いていくのが、この仕組みです。



集客には、金銭的なコスト、
もしくは、労力がかかっています。


「様子見したい見込み客」をムダにすることなく、
顧客に変える仕組みがあるかどうかで、
最終的な収益には、大きな違いが生まれます。




■リピート回数を増やすための仕掛け


売上を上げる基本公式は、

顧客数 × 購買単価 × 購入頻度 = 売上

です。


同じ集客戦略であっても、
購入頻度を上げる仕組みがあるかどうかで、
最終的な利益は、大きく違ってきます。



購入頻度を上げる施策は、いくつかありますが、
その一つとして、メルマガ配信機能を実装しています。


既存顧客に、定期的にメルマガを配信していくことで、
顧客との接触回数が増えますので、リピート回数も向上します。





【サイト戦略の課題】
見込み客にとって使いやすく、成約率の高いサイトをつくりたい。



■事業者の独りよがりではない、ユーザにとって使いやすいサイト


サイト戦略をつくるときに、
事業者サイドの「こうしたい」という、ビジネス戦略だけでは、
成果の出るサイトにはなりません。


成果を出すサイトをつくりたいなら、

実際にサイトを使うユーザのことも、掘り下げていくべきです。


今回のプロジェクトでも、サイト戦略の土台となる、
「サイトコンセプト」をつくる過程で、

・サイトで達成する目的
・ターゲットユーザは、誰か
・ユーザは、何を求めてサイトに来るのか
・どういうコンテンツを用意すればよいのか

など、一見、当たり前に見えることを、
ユーザの視点から、議論していきました。


このサイトコンセプトが土台にあるので、
プロジェクトが進んでいっても、議論にブレがなくなり、
ユーザの視点が抜け落ちることはありません。




■ユーザの動きを、集客からゴールまで、一貫して考える


「ユーザ」と、ひと言でいっても、それぞれ、
サイトに訪問したきっかけ、集客ルート、サイトで達成したいことは、違います。


そこで、「新規ユーザが訪問したきっかけ」、
「どのページから流入したのか」という、集客シナリオを設計しました。

合わせて、「どういう順序で、サイト内を動くのか」という
サイト内の導線シナリオも設計しました。


この集客シナリオと、導線シナリオを、一貫して考えることで
ユーザに使ってもらえる、サイト設計図が完成します。



このユーザに使ってもらえるサイト設計図に、
ビジネスで達成したいゴールを反映させていくことで、

戦略が、ただの机上の空論ではなく、
ユーザに使われ、そして、成果を生み出せるサイトになります。




■異なるターゲット顧客でも、迷わない設計に


仕事canのビジネスモデルは、
職業体験に参加したいユーザだけを集客しても、
職業体験を受け入れる企業がなければ、成立しません。


「職業体験の受入を検討しているビジネスオーナー」という、
ターゲットユーザも設定して、
集客ルートや、サイト内の動きの仮説を立てました。


受入企業が知りたい情報を、別のカテゴリにまとめ、
画面構成やデザインも、少し目立たせることで、
迷わせないで誘導できるサイト設計にしています。



売れる仕組みコンサルティングのサービス詳細へ




【仕事can】の事例紹介トップに戻る



実績、成功事例一覧のトップへ

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】