【必読本】4人に1人が、「雇われない生き方」の時代 『フリーエージェント社会の到来』


この「これからはスモールビジネスの時代」というコラムは、
はじめて、スモールビジネスのことを知る方のために、
【入門編】として、書いています。



もし、あなたが、
スモールビジネスを起業することに、少しでも関心を持ってくれたのなら、
【動き出す前に】、これから紹介する、2冊を読むことをお薦めします。



始めに言っておきますと、
ノウハウ本ではありません。

この2つの本を読んだからといって、
スキルアップする訳でもありませんし、
お金を稼ぐ能力が上がる訳でもありません。



ただ、この2冊を読むと、
スモールビジネスまわりの時流を理解できて、
むこう30年の、未来が予測できるようになるでしょう。


目先のノウハウを追いかけることも大事ですが、

環境が、どのように変化しているのか、
察知しておく、もしくは予測しておかないと、
気づいたときには、見当違いの方向に突き進んでいた、ということにもなりかねません。



とくに、あなたが、
スモールビジネスを起業することに、興味を持ち始めたらなら、
この2冊は、必読といえるでしょう。


ボクのコラムだけ読んで、【分かった気になっているより】、
【本物の情報】をインプットして、
あなたなりに、どんな未来が来るのか、予測してみる。


いきなり、起業してしまう前に、
じっくりと考える時間を取ってほしいのです。



結果的に、
ちまたのノウハウ本の類いより、
生涯収入で考えると、圧倒的な価値をもたらす、2冊になるでしょう。



【1冊目】
フリーエージェント社会の到来


まず、一冊目。




はじめて、この本を読んだときは、
まだ会社員だったので、衝撃的でした。


実際に、この本を読んで、
あなた自身の見解を持ってほしいので、
くわしい内容は紹介しませんが、
超意訳で、ちょっとだけ抜粋を。



4人に1人が、フリーエージェント


アメリカでは、3300万人、労働人口の4人に1人が、
雇われない生き方、【フリーエージェント】という働き方をしています。


「フリーエージェント」とは、
インターネットを使って、自宅を拠点に一人で、もしくは少人数で、
組織の看板ではなく、自分の看板で、ビジネスを築いている人たち。


内訳は、個人事業のフリーランス1650万人、臨時社員350万人、
会社設立をしているミニ起業家1300万人。



これは、
ただの予測ではなく、現実に起きていることなのです。



フリーエージェント化は、もう止まらない


フリーエージェント社会が加速した理由としては、

 

 

  • 衣食住には困らない最低限の生活は、誰でもできるようになり、
    働く目的が、「ただ食べていくため」から、やりがいを求めるように変わったこと。

 

  • 企業の寿命が短くなる一方、個人の寿命は延びて、
    会社の寿命のほうが個人より短くなったこと。




そんなの、アメリカだけの話?


日本の場合は、まだ終身雇用は残っているし、
解雇規制もあるから、大丈夫、、、ですか?



じつは、
アメリカの大企業も、かつては終身雇用に近い雇用体制だったのです。

年功序列の給与体系、分厚い保障や福利厚生の代わりに、忠誠心を求め、
従業員も、組織に忠実なビジネスパーソンが大半。


でも、90年代に入って、
数十万人規模のレイオフが行われてから、

終身雇用を前提とした、たった一つの会社でしか働かないことこそがリスク
と感じる人たちから、「雇われない生き方」を選択していったのです。



今の日本の状況と比べてみて、
日本では、こんなこと起こりえない、とお考えでしょうか?



生き残るのは、巨象と、、、ネズミ


グローバルな巨大企業は、当分は消えてなくならない。

「規模の経済」の恩恵を受ける企業は、どんどん巨大化していく。


一方で、企業の小型化も進行して、
フリーランスや、ミニ企業は増え続ける。


しかし、その中間のサイズの企業は、
消滅したり、存在感が薄まっていく。


経済の新しい生態系では、
巨象と、ネズミが生き残り、
その中間サイズの種は滅んでいく。


と、あります。


ネズミに例えられたのが、
ボクたち、スモールビジネスの起業家なので、ちょっと微妙なのですが、
まあ、生き残っていけるなら、良しとしましょう(笑)



あなたの未来予測を聞かせてください


繰り返しになりますが、
これは、予兆ではなく、すでに現実に起きていること。


そして、この本が出版されたのは、2002年。

今、現在、
フリーエージェント化は、さらに進んでいる、そうではない、
どちらだと思いますか?



日本も、かつてのアメリカと同じように、
終身雇用が、徐々に崩壊し始めています。


そして、フリーランス、ノマド、スモールビジネス、、、
など、「雇われない生き方」のスタイルが、いくつも登場してきました。



いつか、会社員という生き方のほうが、
マイノリティになる時代が、来るのかもしれません。

(そもそも、会社員という生き方の歴史は、とっても浅いのだけれど)



この本を手にとって、
あなたなりに、「雇われない生き方」の未来予測をしてみてください。





次回は、2冊目の本を紹介しますね。



【これからはスモールビジネスの時代】トップに戻る

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】
  • メルマガの購読は、無料で、いつでも、ワンクリックで辞められます。
  • ご登録いただいた個人情報は、プライバシーポリシーのもと、
    厳重に管理いたします。
  • Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールですと、 メールマガジンが届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあるようです。
    そのため、【Gmail以外】のフリーメールの登録はできないよう、させていただいております。
    お届けするメルマガや、読者さま限定の特典を、確実に受け取っていただけますよう、普段お使いのプロバイダのメールアドレスや、会社でお使いのメールアドレスでのご登録を、お薦めしております。