【スモールビジネス起業】 あなただけの、たったひとつの成功を目指して


ついに、最終回です。



前々回で、
スモールビジネスを起業するなら、
完全オーナー会社にしておく理由を、お話しました。

(はじめての起業なら、なおさら)





前回は、
ベンチャービジネスを起業することと比較しながら、
スモールビジネスだからこそ実現できるメリットを、お話しました。





今までのスモールビジネスの理解を踏まえて、

スモールビジネスを起業することが、
他人の評価軸ではなく、
自分らしい成功につながる生き方であることを
最後に、お話しします。



凡人でも起業できるのが、スモールビジネス


今までのコラムで、
起業する、というロールモデルを紹介してきましたが、

その選択肢が、
特別な才能を持った、一部の人にしかできないことなら、
意味がありません。


ベンチャー起業は、まさに、ひと握りの優秀な起業家にしか、
とくに、メンタルがタフでないと成功できないのかもしれません。

(ボクには、想像もつかないです、、、)



でも、スモールビジネスなら、
普通の人でも、起業し成功するのは、難しいことではありません。

その根拠は、前回の記事をどうぞ



ボク自身も、凡人の起業家です。


あなたより、起業家としての資質を持っているワケではありません。

30歳ちかくになるまで、自分が起業家になるなんて、
一度も考えたことがなかったくらいですから。



成長スピードは、ゆるやか。でも、手堅く。


スモールビジネスの成長は、
テガネの範囲で、地道に投資をしていきますので、
ベンチャーの起業と比べれば、ゆるやかです。


とくに、スタートアップのときには、使える資金が限られているので、
得た利益の範囲で、
売れる仕組みを固めたり、次のビジネスの種まきをしたり、
ゆっくりと成長していきます。



テガネ、利益の範囲で投資をしているぶんには、
資金ショートする可能性は少なくなるので、つぶれにくくなります。


スモールビジネスでは、
企業として死なないことが、最優先事項です。


生き残ってさえいれば、
次のチャンスを待てるし、方向転換をすることもできるからです。



ベンチャーでは、
こんな成長スピードでは、許されないでしょう。

起業して、5年から10年で、株式公開することを
投資家から求められているのですから。


そのためには、
とにかく、アクセルを踏み続けなければなりません。



成長するか、しないかを、決められる自由


前回の記事のなかで、
スモールビジネスの目指す年商は、
1億円から、20億円、とお話しましたが、


正しい言い方をすると、

どこまで売上を伸ばすのか、
どんな成長スピードをのぞむのか、
利益の範囲で手堅く投資をするのか、借入れをしてレバレッジをかけるのか、

スモールビジネスでは、起業家が自由に決めることができます。



「スモールビジネスは、成長志向ではない」
と思われていることがありますが、そうではありません。


成長するかしないか、
どの程度まで成長させるか、
起業家が、自由に決めていいのです。



そんなの当たり前、とおもうかもしれませんが、
ベンチャー企業では、そうではありません。


他人から、大切な資金を出資してもらってるのに、
「成長しない」と公言する社長は、失格です。


他人からの資本を入れてもらったからには、
つねに、そして永遠に、
利益を最大化していくことが期待されているのです。



ビジネスを成長させる他にも、大切なことがある


起業家も、ひとりの人間です。


人生の、限りある時間で、
ビジネスの成長、以外にも、やるべきことがあるはずです。



スモールビジネスでは、
会社のなかの、出世レースのように、
誰かと競争しているワケではありません。


誰もが、どこまでも売上を伸ばし続けなければいけない、
というワケでもありません。



家族を大事にする時間がほしい、
1年くらいビジネスを離れて、心身を休ませる時間がほしい、

という理由で、ビジネスから離れたとしても、
誰からも文句はいわれません。



もちろん、とことん売上にこだわる、
自分の収入にこだわる生き方もあるでしょう。


それも、あなたらしさです。



べつに、そのときどきで、
目標や、価値観が変わっていい。


というか、
長い人生を歩んでいたら、変わらないほうが少ない。



はじめは、
「自分だけが、食べていければいい」と言っていた人が、
起業家としての経験値を積み上げていくなかで、
より高いステージを目指すこともあるでしょう。



逆に、会社が大きくなると、従業員を管理したり、
直接、お客さまに向き合う時間が少なくなくなるので、

「自分は従業員を管理するのは、向いていない」
「直接、お客さまにサービスしたい」

という理由で、規模を縮小して、
ひとり法人として、やっていく起業家もいるでしょう。

(経営者の悩みの半分以上は、人の問題だと言われています)



スモールビジネスの起業家は、
いつでも、自分の気持ちに素直に生きられる自由があります。



なにより、自分で人生のレールを引いているのですから、
幸せだとおもうのです。



仕事と生活のブレンドミックス


スモールビジネスを起業すると、
ライフスタイルも、自由になります。



1日単位のライフスタイルでも、
「1日8時間、続けて働く」、という選択肢だけでなく、
仕事と、生活をブレンドしてもいいのです。



朝、家族を見送ってから、2時間ほど仕事をする。

スーパーに買出しに行った後、仕事に戻る。

集中が切れたら、お昼ごはん。

また仕事を再開して、
キリのいいところで、ジョギング、、、


このように、仕事と、それ以外の私生活の、
スケジュールを自由に組みながら、仕事を進めていけます。




長いスパンのライススタイルなら、
さらに、あなたらしい人生設計になるでしょう。



▼若いうちは、365日休みなしで、とにかく働く。

ビジネスの基盤と、ある程度の金融資産ができてからは、
家族との時間を優先しながら、ゆっくり暮らす。


▼贅沢はしなくていい、最低限の生活ができれば十分で、
とにかく趣味の時間を持ちたいので、
仕事のスケジュールは、月に10日しか入れない。


▼今は、育児に専念して、家族との時間を大切にしたいので、
3年間ほど、ビジネスを他の経営者に任せておく。


など、
起業家それぞれの価値観、ライフスタイルに合わせて、
ビジネスだけでなく、人生を自由に設計できるのです。



なにより、長い人生のなかでは、
若いときと、価値観が変わったり、
育児や、病気の治療に専念しなくてはいけない場合もあるでしょう。


そんなときでも、
【そのときの】、自分の気持ちに素直になって、
ビジネスの配分を落として、もっと大切なことに集中できます。



自分のビジネスを持つ、ということは、
自分の仕事にお金を払ってくれる顧客が複数いる、ということです。


一時的に、休業をしたとしても、
いずれ復帰宣言をすれば、
また、同じようにビジネスを再開することは、それほど難しいことではないでしょう。

(少なくとも、ゼロから起業するときよりは、はるかに楽なはず)



そして、このライフスタイルの自由も、
完全オーナー会社のスモールビジネスだから、できることなのです。


投資家の資本を入れてもらっていたなら、
あなたの都合で、育児に専念したい、
という理由で、休業することは難しいでしょう。



起業家が自分らしくいることは、すべての人の幸せにつながっている


今まで、10回にわたってお話してきましたが、
スモールビジネスを起業する、最大のメリットは、

  • いつでも自由であること
  • 自分らしいビジネスが実現できること
  • 自分らしいライフスタイルと両立ができること


なのです。



「そんなのは、わがままじゃないの?」
そう思われる方も、いらっしゃるかもしれません。



あなたが起業するからには、
「想い」があるはずです。



その想いと、あなたの価値観は、
ビジネスのすべてに、あらわれます。


誰をお客さまにするのか、から始まり、
ネーミング、ロゴやサイトのデザイン、
サービス内容、価格、、、など。



あなたは、起業家であると同時に、
芸術家、クリエイターなのです。



小さな会社は、
大企業のような、画一的なサービスではなく、
あなたの考え、あなたのこだわりを、前面に出して構いません。


たくさんの人に支持される必要はなく、
ほんのひと握りのひとから、ファンになってもらえばいいのですから。



むしろ、あなたのこだわりを出したほうが、
そこを評価してくれるファン、つまり、お客さまが生まれやすい。



つまり、起業家である、あなたが、
自由でいられること、
あなたらしさを表現できることは、
最終的に、あなたのお客さんのため、につながっているのです。



あなただけの、たったひとつの成功を目指して


スモールビジネスを起業するということは、

  • 事業内容
  • 誰をお客様にするか
  • スタートアップの仕方
  • 成長スピード
  • 売上規模
  • 最終的なゴール
  • そして、ライフスタイル



このすべてを、あなたが自由に決めて、
あなたの判断で、行動していくということです。


つまり、ビジネスだけでなく、
あなたの人生そのものを設計しているのです。



誰かと競争する訳でもなく、
誰かと比較される訳でもなく、
あなた自身が、どう生きたいか、が問われます。


他人の評価軸で、生きるのではなく、
すべては、あなたの軸で動いていくのです。



いいことばかりではありません。



自由である一方、
これでいいという前例なんてないし、
自分でおもうように、自分でレールを引いていくしかありません。



起業してビジネスが軌道に乗るまでは、しんどいです。


スタートアップのときには、
理想のライフスタイルは、いったん置いて、
ほかの大切なものを代償にして、
ハードワークをしなくてはいけません。


ビジネスの基盤ができるまでには、
時間も、エネルギーもかかるからです。


一夜で成功するわけではないし、
ビジネスが軌道に乗っても、
全く失敗しなくなるわけでもありません。



それでも、
自分で判断して、行動した結果なのですから、
いい結果も、悪い結果も、自分の責任です。


ルールは、シンプルです。



この生き方に魅力をもし感じたのなら、
ロールモデルの選択肢のひとつとして、考えてみてもいいのではないでしょうか。




■■追伸

長いあいだ、このコラムに、お付き合いいただき、
ありがとうございました!


このコラムは、いったん終わりですが、
このメルマガの中でも、スモールビジネスについて、
定期的に、お話ししていきます。



もし、スモールビジネスを起業することが、
選択肢のひとつに入ったなら、

その後、どうやって、最初の一歩を踏み出していくか、
売れる仕組みの具体的なつくりかたを、
メルマガのなかで、解説していきますので、購読をオススメします。


【無料】メルマガは、こちらから、1分で登録できます。

 

 

【これからはスモールビジネスの時代】トップに戻る

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】
  • メルマガの購読は、無料で、いつでも、ワンクリックで辞められます。
  • ご登録いただいた個人情報は、プライバシーポリシーのもと、
    厳重に管理いたします。
  • Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールですと、 メールマガジンが届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあるようです。
    そのため、【Gmail以外】のフリーメールの登録はできないよう、させていただいております。
    お届けするメルマガや、読者さま限定の特典を、確実に受け取っていただけますよう、普段お使いのプロバイダのメールアドレスや、会社でお使いのメールアドレスでのご登録を、お薦めしております。