【スモールビジネス起業】 他人資本はいっさい入れない。完全オーナー会社だから、できること。


スモールビジネスを起業するときには、
資本金は、すべて自分で出資すること、

つまり、
他人資本はいっさい入れないで、完全オーナー会社として
起業することを、お薦めしています。



最初は、ド素人からスタート


とくに、はじめての起業なら、
迷わず、あなたの出資だけで、はじめるべき。



というのも、はじめての起業のときは、
起業家としての、経験値がゼロです。


どんなに、事前に勉強していたり、準備していても、
実務経験がないので、ほぼド素人な訳です。

(専門分野の知識は、お持ちなのでしょうけど)



ビジネスの戦略は、
あとから、いくらでも軌道修正できます。


でも、
資本施策は、やり直しがききません。


起業したばかりの、ひよっこのときに、
後戻りできない判断はしないで、前向きな保留にしておく
という考え方でも、いいのではないでしょうか。



それに、スタートアップのときには、
資本施策に時間をかけるより、
売れる仕組みの設計図、集客戦略、経営理念、、、

などに、時間もエネルギーもかけたほうが、
立ち上がりが早くなります。


資本施策そのものが、お金を生み出す訳ではないので。



あなた=会社、というシンプルな設計


「会社は誰のものか」という議論がありますが、
完全オーナー会社にしておけば、
難しいことを考える必要はありません。


株主=自分
経営者=自分

なので、
ルールは、シンプルです。



あなたが、つねに、最高意思決定者である、ということです。



起業家である、あなたの好きなようにやればいいのです。


これは、完全オーナー会社だから、
好き放題にやろう、という意味ではないですよ。

(言うまでもない、とはおもうけど)



あなたが、これに賭けたいというビジネスを、
あなたが、信頼できるパートナーと、
あなたが、ハラがくくれる戦略で、
あなたが、貢献したいと思えるお客さんに
あなたが、納得がいく価格で、提供する。


これらを、あなたの一存で決められるのは、
起業家にとって、最大の特権です。



当たり前のことが、できない


そんなの当たり前。
そう、思われたかもしれません。


ですが、自分以外の資本が入っていると、
彼らの利益、彼らの意思を、無視することはできません。



もちろん、出資をお願いするのは、
あなたが信頼している人たちでしょう。


でも、株主として、主張する権利はありますから、
あなた個人の想いや考えとは、対立することがあるはずです。


むしろ、すべての施策で、
会社の舵取りの方向が、同じになるわけがない。



その割合が大きくなってくると、
起業といっても、ただの雇われ社長のような状態になってしまいます。


自分のビジネスのはずなのに、
自分が思ったとおりできない。



そして、あまり言いたくないですが、
人と人との関係は、時間が経つと変わっていきます。


そうなっても、
最初に決めてしまった資本施策は、取り消せないので、
大きな代償を払うことになるかもしれません。



あなた以外に、ビジネスを動かせる人はいない


話を戻します。


完全オーナー会社の最大のメリットは、
あなた一人の想いを突き通して、起業を進めていけることです。

すごく当たり前のことを言ってますけど。



起業して、事業計画どおりに、はじめの戦略どおりに
進むことは、100%ありえません。


そもそも、戦略とはいっても、
しょせんは、ただの仮説なので、
ある程度のところまで、考え抜いたら、
あとはやってみるしかありません。


かならず、見切り発車して、軌道修正をしながら、
ゴールを目指していくことになります。



株主も、パートナーも、
あなたを応援してくれる、大切な仲間なのですが、

軌道修正の場面で、利害関係者が多すぎると、
ビジネスの軸が、ブレやすいのです。



その点、完全オーナー会社なら、
起業家自身の考えひとつで、決められるのですから、
ビジネスの軸がブレることは、少なくなるでしょう。



ワンマン社長、上等。


軌道修正のたびに、
みんなで集まって、あーでもない、こーでもない、と会議を重ねるのは、
時間と、エネルギーのムダでしかありません。


どうせ、会議の中に、正解はないのですから、
判断が間違っていようが、
さっさと進路を変えて、進み始めるほうが先です。



完全オーナー会社なら、
進むべき方向が、正しいにせよ、間違っているにせよ、
起業家ひとりで、進路を決めてしまうので、

会議のコストがなくなり、
意思決定と、軌道修正のスピードが上がります。



あまり大声では言えませんが、、、


【社長と副社長の間は、副社長と新入社員よりも距離がある】
と言われるように、

株主も、パートナーも、社員も、
あなたが信頼している仲間なのですが、
結局、最後の意思決定するのは、あなたしかいません。


まさか、多数決なんてやらないですよね(笑)


仲間を信頼しない、ということではないのですが、
正解なんて、やってみるまでわからない、
うまくいく保証なんて、どこにもない、なかで、

最後の意思決定と、その責任は、
あなた1人で負わなければならないのです。



であれば、最初から、
起業家である、あなた一人が意思決定をする、
そういうシンプル設計にしておくほうが、話が早いとおもいませんか?



起業家の想いを突き通すのは、お客さんのため


ここまで、完全オーナー会社にするメリットを、
お話してきましたが、
起業家一人がよければいい、ということではありません。



あなたが起業するからには、
「想い」があるはずです。


世の中には、数え切れないくらいの、起業のネタがあるのに、
そのなかで、たった一つの事業アイデアを選んで、
失敗するリスクを背負ってまで、起業するという「志」です。



その想いと、あなたの価値観は、
ビジネスのすべてに、あらわれます。


誰をお客さまにするのか、から始まり、
ネーミング、ロゴやサイトのデザイン、
サービス内容、価格、、、など。



あなたは、起業家であると同時に、
芸術家、クリエイターなのです。



たとえ、業種は同じであっても、
ほかの起業家と、まったく同じのビジネスなんてありえません。


そもそも、同じビジネスなら、
はじめても、つまらないし、
起業する意味がない。



小さな会社は、
大企業のような、画一的なサービスではなく、
あなたの考え、あなたのこだわりを、前面に出して構いません。


たくさんの人に支持される必要はなく、
ほんのひと握りのひとから、ファンになってもらえばいいのですから。



とことん、あなたらしさを出したほうが、
そこを評価してくれるファン、つまり、お客さまが生まれやすいのです。



起業家である、あなたが、わがままでいられること、
その想いを突き通せることは、
あなたのお客さんのため、につながっているのです。



【これからはスモールビジネスの時代】トップに戻る

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】
  • メルマガの購読は、無料で、いつでも、ワンクリックで辞められます。
  • ご登録いただいた個人情報は、プライバシーポリシーのもと、
    厳重に管理いたします。
  • Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールですと、 メールマガジンが届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあるようです。
    そのため、【Gmail以外】のフリーメールの登録はできないよう、させていただいております。
    お届けするメルマガや、読者さま限定の特典を、確実に受け取っていただけますよう、普段お使いのプロバイダのメールアドレスや、会社でお使いのメールアドレスでのご登録を、お薦めしております。