【スモールビジネスとは】 小さく、早く、変化できるものだけが、生き残る


「小さな会社」をあらわす言葉として、
零細企業、中小企業、小規模企業、、、などと言われます。


これは、売上規模が小さいこと、従業員の数が少ないことだけを
比較して、表現している言葉だとおもうのです。



ボクは、そういう言葉とは、一線を引きたいので、
【小さな会社】、【スモールビジネス】という呼び方をしています。


この言葉には、「小さな会社」への親しみや、
「スモールビジネス」の起業家への尊敬の念を、込めています。



スモールビジネスのほとんどは、
創業者が、自分のテガネで、ゼロから起業しています。


大企業の「雇われサラリーマン社長」とは違って、
自分の看板で、ゼロからイチを生み出した、本当の起業家です。



そもそも、売上が大きい小さい、従業員が多い少ないで、
企業の比較をすることが、ナンセンスです。


企業として活動している以上、利益を出さなければ、
存在意義がありません。


スモールビジネスの中にも、
大企業より、はるかに高い利益率を出す会社は、たくさんありますし、

起業家が、あえて、
「規模を大きくしない」という判断をしているケースも、少なくありません。



小さなことは、最大の強み


これからは、大企業の「大きいこと」は、
ただの弱みにしか、ならないかもしれません。


たくさんの優秀な正社員、
立派な自社ビル、
整備されたマニュアル、、、


ボクたち、スモールビジネスの起業家が
手に入れたくても、入れられないものばかりです。


それらの有形、無形のビジネス資産があるかぎり、
大企業と、勝負することなんて、不可能でしょう。。。



今までと、ルールが変わらないかぎりは。



今は、商品のライフサイクル、ビジネスのライフサイクルが、
どんどん短くなっています。


ひとつのビジネスの寿命が来て、
方向転換をしなくてはならないときに、
今までは資産だったはずの、自社ビル、工場、たくさんの正社員、ノウハウすらが、
ただの負債になることもあるでしょう。



その点、
スモールビジネスは、身軽です。


余分な固定資産、従業員を抱えていないことが、
強みになるのです。


ひとつのビジネスの寿命が来たなら、
次のビジネスに向けて、方向転換することは、難しくありません。



見切り発車しないと、何もわからない


ビジネスの寿命が短い、ということは、
じっくりと検討を重ねてから、ビジネスを立ち上げていても、
スタートから出遅れてしまう、ということです。



大企業が、新規ビジネスを始めるときには、
綿密なリサーチをして、何度も会議を重ねて、
社内に説明するための、資料や提案書を積み上げていき、
何人もの社内関係者に根回りをしてから、、、

ようやくビジネスがスタートします。


これは、ビジネスをスタートするときに限らず、
運営のときにも、方向転換するときにも、
同じように、何重もの意思決定システムを、いちいち通さなくてはいけません。



大企業が、そんな社内政治をしているあいだに、
スモールビジネスは、さっさと、小さく、見切り発車してしまいます。



会議で、あーでもない、こーでもないと、
【ただの妄想】をしているより、

プロトタイプをつくるなり、モニター販売をするなりして、
市場、つまり、目の前のお客さんから、
できるだけ早くフィードバックを得る。


お客さんに聞いてみる、
そこにしか正解がないからです。



ネズミが勝つワケ


もちろん、
ただ徒手空拳で動くことがいいとは思いません。


でも、ビジネスを始める前に、どんなに必死で考えてみても、
戦略なんて、しょせんは、仮説です。


ある程度のところまで考え抜いたら、
やってみるしか、誰にも答えはわからないのです。



そうして、見切り発車したあとで、
軌道修正するなり、
このまま続けるのか止めるのか、もっと投資すべきなのか、という判断をするなり、
走りながら考えるほうが、圧倒的に速いのです。



小さく、早くスタートして、変化していく。


この圧倒的なフットワークの軽さが
スモールビジネスの強みです。



『フリーエージェント社会の到来』の中で、
経済の新しい生態系では、
巨象とネズミだけが生き残る、とありましたが、
このフットワークの軽さこそが、ネズミの本領発揮だとおもうのです(笑)




■追伸

ビジネスのライフサイクルが短くなっている、ということは、
これからは、会社の寿命のほうが個人より短くなる、ということです。


これからは、ひとつの会社しか経験していないことが、
リスクになってしまう時代になるのかもしれません。


最終的に、起業する、しないに関わらず、
究極のポータブルスキル、【ゼロからイチを生み出す起業力】を身につけるために、
まずは、はじめの一歩を動き出してはいかがでしょうか。




【これからはスモールビジネスの時代】トップに戻る

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】
  • メルマガの購読は、無料で、いつでも、ワンクリックで辞められます。
  • ご登録いただいた個人情報は、プライバシーポリシーのもと、
    厳重に管理いたします。
  • Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールですと、 メールマガジンが届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあるようです。
    そのため、【Gmail以外】のフリーメールの登録はできないよう、させていただいております。
    お届けするメルマガや、読者さま限定の特典を、確実に受け取っていただけますよう、普段お使いのプロバイダのメールアドレスや、会社でお使いのメールアドレスでのご登録を、お薦めしております。