スモールビジネスを起業するときの資金調達リスト


起業の最初のハードルは、資金調達

というのは、起業に対しての、間違った思い込みの、ひとつかもしれません。


VCから資金を集めるベンチャー企業を起業するなら、
避けては通れない道かもしれませんが、

スモールビジネスを起業する場合には、
資金調達は、ほとんど必要ないかもしれません。


起業のために、
莫大な資金が必要な環境ではなくなりましたし

資金が必要なビジネスでも、
小さくはじめて、ステップアップしていくこともできるからです。


とはいえ、最初にまとまった資金が必要なビジネスもありますので、
スモールビジネスを起業するときに、利用できる資金調達を紹介します。



いきなり結論



起業のときに使える資金調達は、2つあります。


ひとつは、

日本政策金融公庫の新創業融資制度


もうひとつは、

■自治体の融資制度

例えば東京都なら、都と、区の融資制度が利用できます。

東京都の融資一覧



借りやすさと、金利から考えると、
この2つ以外の資金調達は、無視してもいいでしょう。



この2つの融資制度が利用できなければ、どうするか?


そんなときこそ、起業家マインドの見せどころかもしれません。


自己資金だけで、
小さく現実的なスタートを切ることを選んだ起業家は、
過去にもたくさんいます。


デル、マイクロソフト、アップル、
今は世界的な企業のスタートアップについて調べてみると、
勇気が出てきますよ。




【スモールビジネス起業の教科書】 資金調達のトップへ

 

【スモールビジネス起業の教科書】のトップへ

 

リアルタイムに進行する起業プロセスと、起業家の頭のなかを、
合法的にのぞき見して、リスクなく、起業を疑似体験できます。

無料メルマガ講座小さな会社の売れるタネとシカケ

    【このメルマガが起業家に選ばれる5つの理由】

  • 「どこから着手すべきなのか。」、「今、何をすべきなのか。」
    あなたの頭の中のもやもやを吹き飛ばして、
    今、やるべきことが明確になります。
  • 全国どこの本屋で探しても見つからない、
    スモールビジネスの【虎の巻】が手に入ります。
  • 自称専門家の、机上の空論ではなく、
    自分たちで実践して、すでに成果があがることが
    実証されたノウハウだけを受け取れます。
  • ビジネスの完成図だけ見ても、絶対にわからない
    【起業家の思考プロセスと、立ち上げプロセス】が、
    覗き見できます。
  • やらせ一切なしで、リアルタイムに進行する
    起業プロセスを見ることで、
    何のリスクもなく、起業の疑似体験ができます。
  • メルマガの登録は、【無料】で、いつでも解除できます。
  • メルマガの見本(バックナンバー)は、こちらから見れます。
  • 読者さまからの感想メッセージは、こちらから見れます。
メルマガ特典
メールアドレス
※必須
  • 【半角】
  • メルマガの購読は、無料で、いつでも、ワンクリックで辞められます。
  • ご登録いただいた個人情報は、プライバシーポリシーのもと、
    厳重に管理いたします。
  • Yahooメール、Hotmailなどのフリーメールですと、 メールマガジンが届かなかったり、迷惑メールフォルダに入ってしまうケースがあるようです。
    そのため、【Gmail以外】のフリーメールの登録はできないよう、させていただいております。
    お届けするメルマガや、読者さま限定の特典を、確実に受け取っていただけますよう、普段お使いのプロバイダのメールアドレスや、会社でお使いのメールアドレスでのご登録を、お薦めしております。